イベント情報

IMG_2972

6月25日 午後2時からキンキンゴーヤースーブ(勝負)大会を開催します。

●「キンキンゴーヤー」とは!!

沖縄県北部の本部町健堅(もとぶちょうけんけん)地区で栽培されているゴーヤーのこと。健堅集落は、かつては県内有数のゴーヤーの産地であり、キンキンゴーヤーはその名の通り集落を代表する作物として、地元の人々に愛され、親しまれてきました。しかし、キンキンゴーヤーは他品種のゴーヤーと比べ痛むのが早く、その大きさと相まって冷蔵施設などが乏しかった当時の流通にはあまり適さず、昭和50年代に入ると、アバシーゴーヤーなど、より流通に適した品種への切り替えが行われ、キンキンゴーヤーは市場から姿を消してしまったのです。 

そんなキンキンゴーヤーを復活させる取り組みが、地元の生産者を中心にスタートしています。地元にわずかに残されていた種から、5年もの歳月をかけて種の選抜と採種を繰り返し、かつてのキンキンゴーヤーの形状と味を復活したのです。
その特徴は、大きいだけではなく実がとても肉厚なこと。だから食感もしっかりと楽しめるんです。そして、えぐみのないとても心地よい苦味が癖になります。 

 
一般的にスーパーなどに出回っているアバシーゴーヤーに比べると、全長も実の厚さもなんと2倍から3倍の大きさ。キンキンゴーヤーとして認められるのは35cm以上600g以上のサイズからと決められています。大きいものでは60cmを超えるものも。キンキンゴーヤーは商標登録されているので、合同会社健堅が認めたゴーヤーだけがキンキンゴーヤーとして市場に旅立つのです。

  お知らせ
イベント情報 はコメントを受け付けていません。